untitled .engineer

技術系のブログ(仮)

PowerShellスクリプトから実行形式ファイルを作る


目次


本エントリの概要

  • PowerShellスクリプトは.ps1ファイルでダブルクリックしても実行されません
  • 一般的に実行するには「右クリックして[PowerShellで実行]する」か「他のbatファイルなどから呼び出す」必要があります
  • これを配布するにあたって単体のファイルで済むようにする比較的「簡単な」方法を記録します

方法(ツール)

PowerGUI

  • PowerGUIというツールがあって、そのツールでPowerShellソースからexeファイルを生成できてました。
  • そのドメイン powergui.org もあったのですがどうも「Dellに買収されてまた手放された」ようなことらしく。
  • Dellが手放した事業は「Quest.com」で今も継続しているのですが、その公式サイトを探しても PowerGUI は見当たらない。
    • たぶんもう公開も開発もサポートもやめたのでしょう。
  • 検索するとよくある「ソフトウェアダウンロードサイト」からそれらしきインストーラーは手に入るけど個人的に使う気になれず。
    • セキュリティソフトにかけてもウィルスやトロイの類は検知しませんが、インストールは試していません。
  • この方法は今回は遠慮します。

PS2EXE

  • 検索するとPowerGUIの次に出てくるのがこのキーワード
  • MicrosoftTechNetに掲載されていたPowerShellスクリプトです
  • ただ、
    • 古い情報へ誘導されがち
    • ちょっと日本語の情報が薄い
    • QandAをちゃんと読まないと無理
    • などなどあってちょっと苦労した
  • のでこの記事を書こうと思いました

手順

ツールダウンロード

ここ要注意ポイントです。

作業手順

  • 変換したい対象のPowerShellスクリプトファイルを「source.ps1」として説明します
  • アイコンファイルを「sourceicon.ico」として説明します

    • アイコンは必須ではありません
  • ダウンロードした圧縮ファイルの中から ps2exe.ps1 を取り出します

  • source.ps1をUTF-8文字コードで保存します
  • source.ps1とsourceicon.icoとダウンロードしたps2exe.ps1を同じディレクトリに置きます
  • PowerShellCUIで保存したディレクトリに移動し以下のコマンドを実行します
.\ps2exe.ps1 .\source.ps1 .\実行形式にしたよver6.0.exe -title '実行形式にしたよ' -iconFile 'sourceicon.ico' -version '6.0.1.1' -product 'MγSQL6.0' -copyright 'dupont'
  • -title以降のパラメーターは任意です
  • 他のパラメーターはダウンロードした圧縮ファイルの中から Usage.txt をご確認ください。

成果物

  • 生成されたファイルのプロパティをみるとこうなってます
    f:id:dupont_kedama:20180914141346p:plain
  • -companyなどのパラメーターもあるのですが、指定してもここには表示されず、見る方法があるのかもわかりません。

ファイルを渡す方法

  • 他のファイルをドラッグアンドドロップでこの実行ファイルに渡したい場合にはソースに以下のように書いておくとよいでしょう
$FilePath = $Args[0];
$FileItem = (Get-ChildItem $FilePath);

システム要件

  • 私の環境でこのスクリプトによって生成したexeファイルを実行するにはPowerShell4.0がインストールされている必要がありました。
  • Windows7などではこれが標準で入っていないので、使わせたい場合はWindows Management Framework 4.0をインストールする必要があります。
    • インストール後再起動が必要だったり時間がかかったりするので、配布対象が多い場合は全くお勧めしません